健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月27日 (水) | Edit |
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る

只今上映中のこの本を読みました。別に映画が気になったわけじゃなく、第4回『このミステリーがすごい!』に選ばれてたので・・・。
医学用語がたくさん出てきたり、難しい日本語が出てきたりで、辞書片手に(実際は携帯電話の辞書を使用しましたが)読み進んで行きました。私は単行本で上下巻を読みましたが、上巻は前述のように調べながら読んで行く事が多かったので、なかなか進まなかったのですが、(かと言って、つまらないわけじゃないですよ。)下巻は話のテンポも良くなりストーリーも面白くなっていき、あっという間に読み終わりました。特に厚生労働省の役人の白鳥さんが出てきてからというもの、ガラリと本への食いつきが変わりました。この白鳥さん、奥田英朗氏著の『空中ブランコ』の伊良部先生とかぶるんですけどぉ。破天荒な人だけど、最後の手紙では実はキチンとした人だったのねって思わせてくれました。田口先生も出世を狙わない(諦めた?)生き方。人生をシュールに見ている。でもなんか共感できるところがあり、応援したくなりました。ミステリーとしては、『ふぅーん』って思えるけど、全体として好き。特に終わり方がなぜかほんわかな感じがして好きになりました。
映画も観てみようかなと思います。原作で気に入ると映画でがっかりってことが多いので、あまり期待せずに・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。