健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月10日 (木) | Edit |
twilight saga

最愛の人エドワード(ロバート・パティンソン)と結婚したベラ(クリステン・スチュワート)。その後ベラはレネズミを出産するが、彼女の幼なじみジェイコブ(テイラー・ロートナー)は、二人の娘こそがオオカミ族に伝わる運命の相手だと知る。一方、ヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミが不滅の子というヴァンパイア族を滅亡させてしまう存在だと考えていて……。(シネマ・トゥディより)

正直、やっと終わってくれた~!って感じです。
シリーズものって最初が良いとついつい、次も観ちゃうんですよね。回を重ねる毎に情も入っちゃって、観らずにはいられなくなっちゃう。観なくてもいいような、でも次が気になる…。
でもまぁ、こんなもんでしょうって感じの終わりです。特にがっかりも無く、良かったです。
戦いのシーンはおもしろかった。あぁ、そうだったんだ~と。
それにしてもレネズミの幼少の頃の顔、不気味でおっかなかったなぁ。
半分近く、いちゃいちゃシーンだったような気がしますが、美しい二人だから許しちゃいます。
ダコタ・ファニングちゃん、存在感が薄かった…。大丈夫かな、彼女。

終わってしまうと淋しいような気もしますが、ホッともします。大崩しなかったことにね!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。