健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年05月18日 (水) | Edit |
ブラックスワン
BLACK SWAN

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。(シネマトゥディより)

ちょっとぉ、怖かったわよぉ(>_<) レビューとか見ずに行ったのが悪かったのかしら?サイコ・スリラーorホラーっぽく感じちゃった。↑↑のポスターの写真も怖いのを選んでしまったわ…。

最後までハラハラし退屈はしませんでしたけど、何が言いたかったのか良く分かりませんでした。
でも「君の道をふさぐ者は君自身だ」このセリフにはドキッとしました。確かに…。“プレッシャー”に押し勝つということは並大抵なことではないんだな。
一流であることを維持するのは、努力に努力を重ね、ある意味ストイックでいなければいけないし、でも自由な発想、気持ちも必要なのか。みんなが憧れる華々しい世界だけど、厳しいね。

監督は『レスラー』の監督。『レスラー』はわかりやすく良い映画だと思えたけど、今回はサイコっぽくて雰囲気が違ったので、ビックリしました。でも自虐的っていうのは共通しているのかな。

ナタリーはこの映画のために9kg減量したとか。内気な女の子から狂気な女性をうまく表現してました。ナタリーがこんなシーンもするのか!と思っちゃうキワドイシーンもありました。(R15だもんね)
ウィノナ・ライダーはちょい役でしたが、存在感ありましたね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ゆちとちゃん、ありがとね☆
本当に何も知らずに観たからさ、こんな狂気ものだとは…。びっくりしましたて。
予防線張っていたら、もう少し違う視点で観れたのかも。
ゆちと、すごいね。そこまで感じ取れたなら良いのかもよ。
私は確かに最後まで惹きつけられたけど、何も残らなかったなぁ。
2011/05/19(木) 21:46:29 | URL | あやっくす #FDDq9IZE[ 編集]
映画はみんな彼女の視点で書かれていたよね!?彼女が見ている彼女の世界が現実のものなのかどうなのか、気にしながら映像観てたけどよくわからんかった。内容は全体的にフラットなように思うけれど、1回観ただけじゃよくわからない映画だったね。
2011/05/19(木) 19:13:17 | URL | ゆちと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。