健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月06日 (日) | Edit |
リトル・ランボーズ
Son of Rambow

1982年イギリス、厳格な家庭に生まれ育った11歳のウィル(ビル・ミルナー)はあらゆる娯楽を禁じられていた。そんなある日、彼は学校一の問題児カーター(ウィル・ポールター)と出会い、彼の家で生まれて初めて観た映画『ランボー』のとりこに。「こんな映画を作りたい」という気持ちで結ばれた二人は、見よう見まねで始めた映画作りを通して友情を深めていくが……。(シネマトゥディより)

文句なしに良い映画って言える映画でした。もう、子供たちにやられた!笑いあり、涙あり。テンポも良かった。
大人の裏切り、子供同士の裏切り、そんなせつない経験を乗り越えて、立ち上がっていく。壊れかけた友情も諦めてはいけないんだな。なんでもそうなのかも。人って、そんなに冷たくないよね!ラストは感動ものです☆
最近、私が共感できる映画がなかなかなかったのですが、これは懐かしいような、私の友達を顧みてホッとできるようなそんな印象で、共感できました。

この映画は“シネ・ウインド”で観たのですが、始まる前に係りの人が開演の案内とともに「とても良い映画なので、みんなに広めてほしいです」というような事を言ってられました。この日の鑑賞者の数は私たちを入れて4,5名ほど。少ないね…。良い映画なのにもったいない。みなさん、この機会に是非行ってみてね!

まっぴぃちゃんが誘ってくれなかったら行ってなかった映画です。教えてくれてありがとねm(__)m また何かお勧めあったら教えて~(^o^)丿 チャック、素敵でした(*^_^*)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。