健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年04月30日 (金) | Edit |
のだめカンタービレ 最終楽章 後編
のだめカンタービレ 最終楽章 後編
のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。そんな折り、千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共演話が持ち込まれる。その演奏曲であるラヴェルの「ピアノ協奏曲ト短調」は、のだめが千秋との演奏を熱望した曲だったが、二人の圧倒的な演奏に打ちのめされたのだめは激しく落ち込む。(シネマトゥディより)

前編がとってもおもしろかったので、首を長~くして後編を待っていました。
さすが、のだめ、裏切りません!前編よりお笑い部分は少なかったですが、それでも笑えました。
しかも胸キュン!(←この言葉、死語だろうか??)
脇役の人たちの出演時間が短くなっちゃって残念でしたが、その分、のだめ&千秋センパイの二人がかわいらしく微笑ましかったです。
欲を言えば、なだぎさんをもっと見たかったし、マンガのような黒木くん&ターニャの甘酸っぱい恋ももうちょっと見せて欲しかったな。でも限られた時間の中では仕方ないのかもね。
清良ちゃんと峰クンの二人は純愛って感じで良かったなぁ。離ればなれだったけど二人とも良く頑張った!!
真澄ちゃん、やっぱり笑える~!

のだめはマンガも実写も最高です!!!またマンガ読み直そっと!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。