健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月13日 (日) | Edit |
カールじいさんの空飛ぶ家
UP
亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさん。だが、周囲の再開発でその生活が失われそうになったある日、エリーの夢だった南米奥地の秘境を目指すため、人生最後の大冒険に出ることを決意。家に大量の風船をつけて大空へと飛び立つ。(eiga.comより)

予告編を見て、絶対観に行こうと決めていました。(私はおばあちゃん子だったせいか、爺婆(じじばば)系に弱いのです)
子供頃のカールじいさんとエリーさんの出会いから始まります。冒険好きな二人が愛し合い、いろんな苦難を乗り越えながら人生を共に歩いていく。エリーさんが亡くなるまでの話の時間は短いのですが、うまく表現されてあって、感情移入ができました。泣けちゃいます。。

忘れかけていたエリーの夢を叶えようと一念発起してカールじいさんは風船を膨らませ飛び立ちます。ここからは、いつものPIXAR作品のようにテンポ良く、きれいな景色、画像になります。途中、笑いどころたくさんあり、もう本当に細かいところまで凝っていて、さすがだなぁと感心しまくり。旅を共にしたラッセルの複雑な家庭環境など現代よくある問題の掲示をちゃんとしたり、何かを訴えようとしているPIXERさんの姿に毎回感銘を受けます。しかも子供から大人まで幅広い世代にまでわかるようにしてくれます。老後を見据えての“人生”というのも考えさせられました。どう生きていくのか、とか。そんな重くないけどね・・
終盤のカールじいさんがラッセルにバッジを与えるところなんて、ニクイ演出。泣けます。

見終わって、大満足しました!ほのぼのしてて安心します。
初の3Dでしたけど、なかなか楽しめました。多少、目が疲れたような・・・

一緒に観てくれたまっぴぃちゃんも気に入ってくれて良かった!
また行こうね♪次はデップかな?ウッシッシ(^^♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。