健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月08日 (日) | Edit |
マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』

2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。(シネマトゥディより)


率直な感想は、『このコンサート観たかったぁ♪』です!冒頭からリズムを取り、観ていました。手拍子とか拍手とかしたかったけど、周りが静かだったのでできませんでした(>_<) でも、今思うとすべきだったかな!

やっぱりMJって天才なんです。数多いダンスや歌を間違えることなくこなし、周りを圧倒する仕上がり。次から次へと溢れるアイデア。でも、その裏では、たゆまぬ努力もあったに違いありません。いくら踊っても息が上がらない、激しく踊っても歌をちゃんと歌えるなんて、相当鍛えてないとできないのではないでしょうか。一人で身を削るような練習をしていたかと思うと痛々しくなります。でもそれがマイケルなんですよね。完璧主義って言うか、ストイックと言うか。全てはファンや愛する人たちのために、なんですね。

マイケルや監督が度々口にしていた『THANK YOU』って言葉。本当に何回もこの映画の中で発せられてました。お互いに認め、敬っている姿が印象的でした。良い言葉です。私も二人のように驕ることなく感謝の心を忘れずに生きたい。

今までマイケルの熱狂的なファンではなかったけど、「好き」っていう感じでした。この曲いいなとか、かっこいいなとか存在は認めていました。ちょっと誤解してた部分があり、今回はマイケルの人となりを理解できたような気がします。『LOVE』に生きた人なんだなと。

MJ、ありがとう☆
マイケルの『地球を救おう』って気持ち、私も何かできたら実行したいし、世界中に伝わるように祈っています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。