健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月24日 (月) | Edit |
日本文理(新潟) 9-10 中京大中京(愛知)

序盤は、2点を争う攻防、中盤は両投手、我慢の時間、そして終盤、打撃戦へ突入。

始まる前は、大井監督が言うように中京の方が1枚も2枚も上手だから難しいかなと思った。それに相手は場慣れしている。これは大きいと思っていた。垢抜けている都会のチームvs左右もわからない田舎のチームのよう。運良くここまでこれたけど、大舞台ではどうかなって思っていた。ところが、始まってみると文理の選手たちは物怖じせず、自分達の力を出そうとしている!すごい!甲子園上位常連のチームと互角に戦っている!運なんかじゃなかったのだ!
でも6回裏に6点入れられた時には、「昨日の金巻東ほど大差で負けなきゃいいな」と正直思ってしまった。不運な内野安打やエラーがあり、ピッチャーが一人ってのも私を弱気にさせた。でも、そのピッチャーの伊藤くんが頑張ってくれた。打たれてしまったけど、要所要所抑えてくれた。
そして、感動の最終回。中京はエースの堂林くんをマウンドに戻し臨む。もう、中京の勝利の筋書きは整ったよう。そして文理、2アウトで出塁なし。あぁ、このまま終わってしまうのか、と誰でも思ったことだろう。ここからコシヒカリ野球が花開く!粘りのバッティング!ふぅ。1球ごとに息をつく。1点追加点が入ったときは、「最後に意地を見せれて良かった」などと思ったが、それだけじゃ終わらなかった。快音と共に怒涛の5連続得点!よもや同点か!と、よぎったところで、サードライナー。試合終了。

9回表の攻撃は素晴らしかった。何と言っても選手の諦めない姿勢が胸を熱くした。そして、選手達のすがすがしい笑顔。あぁ、応援して良かった。本当に負けても気持ちの良い試合。こうして勢いよく文章を書けるのも、この感動のおかげ。感動をありがとう☆日本文理高校、そして中京大中京の選手も。

大阪に住むゆちとちゃんから聞いたのですが、梅田の駅の大画面で観戦してたところ、なんと新潟を応援してくれる人が多かったんだって!「これは歴史に残る良い試合だった」と言ってくれた人もいたらしい。試合が終わった後、泣いている人もいて、新潟の選手が画面に映ると拍手してくれたんだって。なんとも嬉しいじゃないかぁ(*^_^*)ありがと、ありがとね☆一生懸命でひたむきな姿ってみんなの心に響くのですね。

思えば、私の今年の夏の高校野球は我が母校の応援から始まりました。
その五泉高校も劇的な試合をしてくれて感動し、そして、この日本文理高校の素晴らしい戦いで終わりました。
この夏はとても『青春』を感じました。忘れていた何かを・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。