健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月29日 (月) | Edit |
The Reader
愛を読むひと
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会する。(シネマトゥデイ)

単なるラブストーリーではなく、戦争の暗い部分を絡めていて、悲しく重い映画でした。
マイケルの、ハンナがナチズムの名のもとで大勢のユダヤ人の死に関わったことへの「怒り」と、ハンナに対する深い「愛」との葛藤、それがうまく現わされていたと思う。難しい役どころを若いデヴィッド君はうまく演技していた。もちろんケイトもオスカー獲るだけあって良かった。判事へ「あなたなら、どうしてましたか?」って言った時のケイトは迫真の演技だった。

悪いことは悪いこと・・・そう簡単に割り切れないこともある。私なんてジャッジできない。
時代のせいにせず、ちゃんと考えていかないといけない問題だなぁってつくづく思った。ドイツだけでなく、世界中でもそう。タブーで終わっちゃいけないのだ。

こうして書いてたら、この物語の深さに気づきました。今度、この本を読んでみようと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。