健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年05月14日 (火) | Edit |
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


珍しくソフトタッチで描かれていました。それゆえに、物足りなさを感じたり…。
でも、やっぱり村上さんなのかな。主役の置き方や表現、展開はまさに。
人は常に自分探しの旅をしているということなのでしょうか。
成長があり、停滞もある。プラスもあればマイナスもある。
一面だけではない、いろんな景色があるのだと。
グッと来るような印象に残る文章もありました。
こんなステキな言葉、すらっと言えたらいいなぁと思えるような。

でも、私はもっと哲学っぽい、「なに、なに?」と、もう一回読み直すような村上節と言うか、そういう言い回し、くだりが好きかな。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
(1995/10/04)
村上 春樹

商品詳細を見る


"色彩を持たない~"よりこっち↑↑の方が好きです!
たまたま直前に読んだということもあり、ここに出てくる主役と"色彩を持たない~"に出てきた主役がどうもかぶってしまいまして…。年も同じぐらいだし、どっちも初恋にとらわれているし。
こちらも自分探し的な感じで、惹きこまれました。村上さんらしい!こちらの方がハードタッチかな(笑)
こちらもお薦めです☆

いつも本を貸してくださるKさん、ありがとうございましたm(__)m
話題の本をいち早く読めて、嬉しかったです(*^^)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。