健康第一!元気出していこう!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月23日 (水) | Edit |
THE UGLY TRUTH

THE UGLY TRUTH

美人で優秀なテレビプロデューサーのアビー(キャサリン・ハイグル)だが、その仕切り屋の性格が災いしてなかなかいい相手に巡り合えずにいた。そんな折、彼女は番組の視聴率アップのため、下世話な恋愛相談が売りのマイク(ジェラルド・バトラー)と嫌々チームを組まされる。まるで水と油のような二人は、最初からぶつかり合うが……。(シネマ・トゥデイより)

ラブコメ(ロマンティック・コメディ)好きな私。しかもR15指定。うふふ。期待しちゃいます。
ストーリーは良くあるパターンで、嫌い同士で全然タイプの違う二人(主役)が最後には恋に落ちちゃうっていうお決まりの話。
男の人が、恋愛下手な女の子にアドバイスしていくところなんて『そんな彼なら捨てちゃえば』そっくりじゃん、なーんて思いながら観てたのですが、こちらはコメディ色が濃いかも。笑えます。(でも新潟の観客って、なかなか笑わないんだよなぁ。)
それにちょっとエッチ。出てくるセリフも下ネタが多く、SATCのサマンサ級!きわどいシーン(きわどいと言ってもベッドシーンとかセクシーじゃなくて・・・笑っちゃう)が出てくるのですが、キャサリン良くやったわ!と感心してしまいました。

出演者はそんなに豪華さがないのですが、主演の二人は好きなのでOKです!
キャサリンは人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』出身。あの頃からきれいだったもんなぁ。『幸せになるための27のドレス』も観ました。
ジェラルドは、『オペラ座の怪人』から大ファンです。

エンディングはわかっていても、何だか楽しめちゃう、そんな映画でした。
気分転換にどうぞ(^_-)-☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。